投資の素人と玄人

投資をする上で得もすることもあれば損をすることもあるでしょう。投資の素人から玄人の差はやはり損をいかに減らして利益を得るというところにあると思います、投資をするならば得するように頑張りましょう。

投資初心者とプロの人たちのイラスト

投資で得するには

仕手株
↑仕手株を調べるならこちら
最近のサラリーマンの状況ではなかなか企業からのお給料もあがってこないため、生活の収入をあげていくことができないのが、非常に辛い現状になります。さらには、現在の企業の業績は国債などの発行状況から見て、投資資金を内部留保にしておかなければ、いつまたリーマンショックやサブプライムローンのような自体になってもおかしくないような状況になっているため、企業としてもきっちりと不景気に対する準備をしておく必要があります。そのような状況にあるため、サラリーマンのように人件費という形でコストがかかることはできるだけ避けたいおという思いから、従業員に支払われる給与に関してもできるだけおさえていこうという風潮があります。そのようななかで、サラリーマンが自分の収入を企業から得られるものだけにしておくと、いつ企業が不景気のためにだめになるかわからない状況ですので、収入源がひとつであることは非常に危険な状況になってきます。そこで、最近ではサラリーマンのように普段は仕事で忙しい人にも始めることができる投資が非常ににん気になっています。さらには、現在の日本の状況ですと、円安方向に動いていますので、ロングで保有する現物保有者においてはほとんどの人が得することができた相場になります。さらに、投資の世界においてはしっかりと勉強すればするほど、より良いエントリータイミングに恵まれてきますので、日々しっかりとチャンスを狙っておくことでより利益をあげられて得をすることができるようになります。さらには、現在の日本の市場においては非常に企業の業績が良好であることと、今後も円安の方向に進んでいくような相場になっていますので、多くの利益をあげる収益チャンスが多い市場となっています。サラリーマンの様に副業として投資を行うような方は投資顧問にアドバイスをもらうのも良いでしょう。トレーダーズブレインマーケットのクチコミ情報などを確認して自分に合う投資顧問を探してみましょう。

投資で損するとは

投資で損をするというのはまず第一に、株などのようなもので元本を割ってしまうことになります。元のお金よりも減っているわけですから、これははっきりと損失だといえます。ただし、多少の元本割れであれば優待などで元を取ることができることもありますから必ずしも元本を割ったからといって損失だとは限りませんが、そのようなものがなければこれは損失だといえます。次に買った直後に株価が大きく下落をしてしまって、何年も塩漬けになってしまい株価が戻ってきたのでなんとか損失ゼロで抑えられたという場合ですが、これも長期間有効に使えるお金を有効に使うことができなかったことを考えれば損失と見ることができます。投資の損というのは必ずしも金額だけでなく、時間を失ってしまったのであれば機会損失ということになります。割にあわないという観点から言えば利益が出てもそれは得をしたとは言いがたく、労多くして功少なしというものであればリスクの分だけ損をしたといえます。元本割れを起こす可能性の投資を行っていて、その結果として銀行預金に預けていた程度の利回りしか得ることができなかったという場合には多大なリスクを冒して僅かなプラスになっただけですから、結果的にはプラスだとしても労力を考えれば損失のようなものだといえます。投資は得をすることもあれば損をすることもありますから、損をした時のことも考えて投資をすることが大切です。そして、どのような状況であれば損であるのかということをはっきりさせておくと、判断をしやすくなります。単純に金銭的な損得だけでないということを理解しておけば、早め早めの対処をすることができますから損というのは何かを覚えておくようにしましょう。

投資の勝率を上げるには

投資の勝率を上げるためには、無闇矢鱈にポジションを持たないということです。売買をしないと利益を出すチャンスがありませんから、常にポジションを抱えているという人は少なくありませんがそのようなやり方は勝つチャンスもある一方で負けるリスクも大きくなってしまいます。相場の格言には、買うべし売るべし休むべしという言葉があるように売買をすることも大切ですが、時には休むことも大切なことになるのです。相場を眺めていれば勝率が高いポイントというのは必ずあるので、そのタイミングにだけエントリーをしていけば勝率を高めることができます。投資をする上で待つということは非常に忍耐力がいるもので、相場全体が盛り上がっていると勝率の高いポイントでなくても入って行きたくなってしまいますが、そこをぐっとこらえてチャンスが訪れるのを待つことが大切です。上昇相場を黙って指を加えてみているというのは、辛いものですがそれは結果論にしか過ぎません。上昇すると考えていなかったのであれば、そこはエントリーをするタイミングではなかったということになりますから、儲け損なったと考えるのではなくタイミングではなかったと思うようにしましょう。どれだけ好地合いであっても勝つことができる瞬間というのは限られていますから、その瞬間が見えてこない以上は手出しは無用です。適当に入ったポイントというのは利食いのポイントも損切りのポイントも曖昧なものになってしまいますから、利益が出ても伸ばしきることができず適切な時に損切りをすることができなくなってしまうので、タイミングというのは重要なものとなります。そのため、勝率を高めるのであれば常にポジションを持つのではなくここぞという時に取引をすることが大切です。

▼投資の初心者はプロの投資家に教えてもらいましょう!
投資顧問
▼企業に投資してお得なサービスを受けましょう
株主優待を理解しよう