投資をする上で得もすることもあれば損をすることもあるでしょう。投資の素人から玄人の差はやはり損をいかに減らして利益を得るというところにあると思います、投資をするならば得するように頑張りましょう。

投資初心者とプロの人たちのイラスト

個人投資は非課税口座の売買で節税効果でお得

個人投資家で株式などへの投資をする場合には、非課税口座で売買をした方がお得となってきます。非課税口座では証券投資に掛かる税金をゼロする効果があるからです。一般の証券口座では配当や譲渡益に対して20%の税率が掛かります。20%の税率は投資家にとっては大きいため、非課税口座での売買はお得感が出てきます。しかし、現在の非課税口座では、年間120万円までの限度額が設けられている特徴があります。そのため、銘柄としては3、4銘柄しか購入ができない状況が起こってきます。少数の銘柄しか購入ができないと、トータルで含み損を抱えてしまうリスクも高まります。非課税口座においては、損益通算ができないために含み損を抱えた銘柄を簡単に売却することが難しくなってきます。そのため、非課税口座では少数銘柄による集中投資は難しい面が出てきます。そこで、非課税口座では多くの銘柄への分散効果がある投資信託を購入する方法がオススメとなります。投資信託であれば、少額での購入ができるためにリスクコントロールがしやすくなってきます。また、国内の金融商品だけではなく海外の金融商品を購入することで、さらにリスク分散効果を得ることができます。しかし、非課税口座では長期で保有できる金融商品を購入することが重要となります。長期保有をした方が非課税効果は高くなることが期待できるからです。したがって、金融商品としては今後の経済成長が期待できる国のものを選ぶことが大事となってきます。また、非課税口座の限度額は120万円となっていることから、毎月10万円を投資信託で積立てていく方法を取ることも可能です。毎月10万円の積立てを行えば、限度額ギリギリまで使用することができるメリットが生まれてきます。